ダイエット

50歳女性のダイエット報告【4月編】

こんにちは、ゆうさくです。

前回、12月までの筋肉量や脂肪量などの変化についてお伝えしました。

今回は、1月、3月、4月のインボディー(体成分分析装置)結果をお伝えしていきます。

3月と4月は、ジムには行けてないので、ほぼ家トレだけです。

なので、家トレだけでもダイエットには成功できるので、皆さまの励みになれば幸いです。

では、さっそくご覧いただきましょう!!

2020年1月のインボディー結果

2019年末に自己流でバーベルベンチプレスをした結果、肩をいためてしまったんです。

自己流での筋トレに限界を感じたので、今年になって初めてパーソナルトレーニングを受けました。

その時に測定した結果がこちらです。

インボディー1月

以前、ブログでもお伝えした、公営ジムでの12月結果がこちら↓

アラフィフ女性のダイエット結果報告【14カ月間】
今回は、2018年の10月から2019年の12月までの インボディー(体成分分析装置)の結果をお伝えします。 ダイエットのスピードとしては、カメさんのスピードなんですが 確実に体重、体脂肪を減らすことができています。 ...

 

機械が違うと結果もこんなに違うのか…というぐらい数値が違います。

体脂肪率だけを見ても、3%ぐらい違うので前回との比較をしていません。

2020年1月
体重(キロ) 56.6
筋肉量(キロ) 21.0
体脂肪量(キロ) 17.6
体脂肪率(%) 31.2

相変わらず体脂肪率は30%を切ってないし、筋肉量もあまり増えてない(´;ω;`)

去年の10月ぐらいからの4カ月間、

増量も試みたり、体重を維持してみたりといろいろと試してみました。

これといって成功している感じがしません。

どうやったらこの停滞期を乗り越えられるのか分からなくなっていたし、

『50歳の更年期のこの体は、これが限界なのか』…と諦めそうでした。

2020年3月のインボディー結果

インボディー3月写真

パーソナルトレーニングに通い始めてから2カ月後の測定結果です。

2020年1月 2020年3月 前回との差
体重(キロ) 56.6 56.2 0.4減
筋肉量(キロ) 21.0 20.7 0.3減
体脂肪量(キロ) 17.6 17.6 維持
体脂肪率(%) 31.2 31.3 0.1増

最初の頃は、フォームだけを見てもらっていて、

食事に関しての相談をしていませんでした。

なので、今月の目標としては体重を維持しながら筋肉を増やすのが目標だったので

達成しているといえば達成しています。

でも、肝心な筋肉が減っています。うまくいってないのは明らかです。

ダイエット目的で始めた筋トレだったので、やはり体脂肪も落としたい。

そこで、食事に関しても相談してみました

細かく食事内容を聞かれたうえで、指導していただきました。

もう一つは、以前は週3回、筋トレをしていました。

ですが、例のウイルスの影響でストレスがたまっていたのと

公営ジムに行けない理由から、週5回していました。

週5回は多すぎるので、4回に減らしました。

理由は、筋肥大目的の場合、回数が多すぎると筋肉が大きくならないからです。

そして、足のトレーニングを週1回から2回に増やしました

体の中で一番大きい筋肉は、足やお尻なので筋肉が多くなると活動エネルギーが高くなります。

  • 食事の改善
  • 足トレを中心としたトレーニング

この2点に気を付けながら、筋トレに励みました。

2020年4月のインボディー結果

インボディー4月写真

2020年3月 2020年4月 前回との差
体重(キロ) 56.2 55.5 0.7減
筋肉量(キロ) 20.7 21.1 0.4増
体脂肪量(キロ) 17.6 16.3 1.3減
体脂肪率(%) 31.3 29.4 1.9減

体重と体脂肪量、体脂肪率が減って、筋肉量が増えています。

今まで、自己流でこのぐらいの結果が出たことは何回かあるのですが

3カ月ぐらいかかっていました。

今回は、20日間で体脂肪率1.9%減という結果なので、

若いときならまだしも、更年期に差し掛かっている体としてはうまくいっています。

トレーナーさんに指導してもらっただけでこんなにも違うものかと実感しました。

狙った筋肉に対して効率的に効かせるためにちょっとしたコツがあるんです。

そのちょっとコツさえつかめば、短期間ですごい効果が出るんですね。

値段的には、お世辞にも安いとは言えないのですが、

得られる効果はとても高いです。

これからも、体脂肪率23%を目指して、筋トレ頑張ります!!

ブログでは体の画像をお見せできないのですが、

YouTubeでは先月と今月の体の比較をしています。

ご興味のある方はご覧ください↓

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

コメント

タイトルとURLをコピーしました